格安,HOT オーデリック ペンダントライト Muga むが NIKKO COMPANY 磁器 白熱灯40W OP034287 ホワイト ab-5620af

91613

 人参と | 時間:2021-10-22 07:06:14
格安,HOT オーデリック ペンダントライト Muga むが NIKKO COMPANY 磁器 白熱灯40W OP034287 ホワイト ab-5620af, ペンダントライト
格安,HOT オーデリック ペンダントライト Muga むが NIKKO COMPANY 磁器 白熱灯40W OP034287 ホワイト ab-5620af
ODELIC(オーデリック)のペンダントライト。
ODELIC(オーデリック)のペンダントライトです。素材とあかり感を際立たせる古代の銅鐸をイメージした和のあかりシリーズ。磁器特有の透明感のある滑らかな肌合いと爽やかさを感じる白磁と青磁の凛とした存在感。光を灯せば、やわらかな表情の中にスリットの繊細な陰影が浮かび上がるナチュラルなあかりです。ミニクリプトン球 40W(110V用)。

サイズ径90×高210mm、全高1015~1815mm
重量0.8kg
素材・材質磁器、フレンジ:鋼(サテンシルバー色塗装)
仕様ミニクリプトン球 40W(110V用)
消費電力:31W
取付方法:引掛シーリング
標準セットランプ:KR110V 36W W (1個・ランプNo.56B)

付属品ワイヤー収納フレンジ
製造国日本

ODELIC(オーデリック)のペンダントライト。


●NIKKOは石川県に本拠を置く、1908年創業の陶磁器メーカーです。高い製陶技術を駆使し、時代感覚とグローバルな視点を持ったモノ作り。食器をはじめ内外装タイルインテリア雑貨などを手掛け、国内外のアーティストやデザイナーとのコラボレーションも多岐に渡ります。
●『made in NIPPON』 現代のライフスタイルに相応しい日本のモダンデザインをテーマに、伝統とモダンクラフトの融合を実践しているメーカーとのコラボレーションによって生み出される、新感覚の日本のあかりシリーズです。








ODELIC(オーデリック)のペンダントライトです。素材とあかり感を際立たせる古代の銅鐸をイメージした和のあかりシリーズ。磁器特有の透明感のある滑らかな肌合いと爽やかさを感じる白磁と青磁の凛とした存在感。光を灯せば、やわらかな表情の中にスリットの繊細な陰影が浮かび上がるナチュラルなあかりです。ミニクリプトン球 40W(110V用)。
一番上: 69823踏む: 71984
また、上記のような活動で得られた知見の公開や、海洋教育の認知度や関心のさらなる向上をはかる目的から、社会に向けて充実した情報発信を行っていきます。
格安,HOT オーデリック ペンダントライト Muga むが NIKKO COMPANY 磁器 白熱灯40W OP034287 ホワイト ab-5620af, ペンダントライト
本センターの大きな特徴は、教育学系・海洋学系双方のスタッフの協働を基本とすることにあります。海洋の事象そのものや人間と海洋の関係性の探究、およびそれらを土台とする海洋教育という営みは、単一の分野や方法によって成り立つものではありません。海洋教育は、その内容と形式の両面において、必然的に総合科学として学際的な教育研究を行うことが求められています。
格安,HOT オーデリック ペンダントライト Muga むが NIKKO COMPANY 磁器 白熱灯40W OP034287 ホワイト ab-5620af
格安,HOT オーデリック ペンダントライト Muga むが NIKKO COMPANY 磁器 白熱灯40W OP034287 ホワイト ab-5620af, ペンダントライト
こうしたことから、本センターはセンター長(教育学研究科)、副センター長(理学系研究科)のもと、特任教員・研究員として教育学、海洋学双方のスタッフが所属する組織とします。また教育行政や学校教員を経験したスタッフが所属し、公教育の実情を踏まえた海洋教育の普及・促進が行える体制となっています。日常の研究活動運営については、センター長を委員長とする運営委員会を組織し活動方針の決定を行います。
格安,HOT オーデリック ペンダントライト Muga むが NIKKO COMPANY 磁器 白熱灯40W OP034287 ホワイト ab-5620af, ペンダントライト
なお、本センターの特任教員・研究員の研究室及び事務局は、理学部3号館3階です。
格安,HOT オーデリック ペンダントライト Muga むが NIKKO COMPANY 磁器 白熱灯40W OP034287 ホワイト ab-5620af, ペンダントライト
2019年4月より、「海洋教育センター」が教育学研究科内に新設されることとなりました。